結婚式の前に結納を取り交わす意味があります

結婚式のやり方というのは、人それぞれ、色々なのではないかと思います。

教会式でウエディングドレスを着るという方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

また、白無垢を着て三々九度をするという方も多いと思います。

また、結婚式や披露宴というほどの豪華なものはしないけれど、二次会と披露宴が混ざったようなものということでパーティー形式に開かれる方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

どれも正解であり、こうしなければならないといったものはありません。

しかし、結婚式を挙げる前に両家で結納を取り交わす必要があります。
結納とは、結婚する両家が顔を合わせて、正式に結婚の約束をするものです
>>結納の意味と伝統について | 人気の結婚指輪・婚約指輪ランキング

つまり、結婚とは決して二人だけのものではない、ということです。
当人がよければそれで良い、という訳ではないんです。

しかしながら、結婚式は女性にとっても思い入れの深いものなのではないかと思います。

思い入れから、よりそれぞれにつくられたオーダーメイドの指輪(杢目金屋)が注目されてもいますね。

そして教会式では、リングガールやリングボーイにその指輪を運んでもらうことをお願いし、専用のリングピローにおさめられた結婚指輪を交換することになるでしょう。

リングガールやリングボーイたちとしても思い出に残る演出になるのではないかと思います。

あの厳粛な雰囲気の中、震えながら指輪を交換するシーンはとても素敵なのではないかと思います。

ビデオや写真に残しておくのにふさわしい場面であり、とても心あたたまるものなのではないでしょうか。